家具家電

ホームルーターおすすめブログ記事


【結論】ホームルーターは極力避けて!選ぶなら、安さと住まいでの速度が両立したものを

ホームルーターは便利な選択肢に見えるかもしれませんが、実際には多くのデメリットがあります。もし選ぶなら、料金と住んでいる場所での速度がしっかり両立するものを選びましょう。


【STEP1】そもそも、本当にホームルーターを選ぶべきか考えよう

1. ホームルーターの利点と欠点を理解する

ホームルーターを選ぶ前に、まずはその利点と欠点を理解しましょう。

  • 利点
    • 工事不要で即時利用可能: ホームルーターはコンセントに差し込むだけで使えるので、面倒な工事が不要です。これは、賃貸に住んでいる方や引っ越しが多い方にとって大きなメリットです。
    • 複数台の接続に対応: 家族やルームメイトが多い場合でも、複数のデバイスを同時に接続できます。
    • スマートフォンとのセット割引: 一部のホームルーターは、スマートフォンとセットで契約することで割引が適用されることがあります。
  • 欠点
    • 固定回線に比べて通信速度が劣る: ホームルーターの通信速度は光回線に比べて劣ります。動画のストリーミングやオンラインゲームを楽しむには、速度が不足することが多いです。
    • 使用場所が制限される: ホームルーターは固定された場所で使うことが前提なので、持ち運びができません。
    • 使用場所によっては接続が不安定: 住んでいる地域や建物の構造によっては、電波の入りが悪く、接続が不安定になることがあります。

2. 光回線やポケット型WiFiとの比較

次に、ホームルーターを他のインターネット接続方法と比較してみましょう。

  • 光回線
    • 高速で安定した通信: 光回線は非常に高速で、安定した通信を提供します。オンラインゲームや動画のストリーミングを楽しむのに最適です。
    • 工事が必要: 光回線を導入するには、工事が必要です。これがデメリットとなる場合がありますが、一度設置すれば安定した高速インターネットが利用できます。
  • ポケット型WiFi
    • 持ち運び可能: ポケット型WiFiは持ち運びができるので、外出先でもインターネットに接続できます。出張や旅行が多い方には便利です。
    • バッテリー寿命の問題: ポケット型WiFiはバッテリーで動作するため、長時間使用する場合はバッテリーの残量を気にする必要があります。

3. 一人暮らしや引っ越しが多い人向けの選択肢

  • 一人暮らし: 一人暮らしの場合、小さな部屋でも問題なく使えるWiFiが必要です。固定回線は高速で安定していますが、工事が必要なため、ポケット型WiFiやホームルーターが便利です。
  • 引っ越しが多い: 引っ越しが多い場合、持ち運びしやすいポケット型WiFiが便利です。ホームルーターも工事不要で引っ越しに対応しやすいですが、地域によっては速度が低下することがあります。

【STEP2】ホームルーターを選ぶなら、住んでいる地域に合った最安を探そう

1. 地域ごとの通信速度と対応エリアの確認

ホームルーターの選択において、住んでいる地域での実際の使用感を調査することが重要です。インターネット上の口コミやレビューを参考に、自分の住んでいる地域での通信速度や接続の安定性を確認しましょう。

2. プロバイダごとの料金プラン比較

次に、各プロバイダの料金プランを詳細に比較しましょう。契約期間やデータ容量、月額料金などを比較して、自分に最適なプランを見つけることが重要です。

3. ホームルーター(置くだけWiFi)の選び方

  • 万人におすすめのホームルーターはない: ホームルーターは地域によって速度が異なるため、自分の住んでいる地域での速度を確認することが大切です。
  • 提供会社の違いで速度に影響は出ない: 各回線の速度は提供会社によって大きく変わることはありません。そのため、最安の料金プランから絞り込むことができます。
  • 1年程度の短期利用でも、最安から選ぶ方法でOK: 短期間の利用であれば、最安の料金プランを選ぶことでコストを抑えることができます。

4. 人気のホームルーター10サービスを徹底検証!

以下の10サービスを詳しく検証し、各サービスの特徴を把握しましょう。

  • グッド・ラックモバレコAir
  • ソフトバンクSoftBank Air
  • ビッグローブBIGLOBE WiMAX
  • GMOインターネットGMOとくとくBB
  • NTTドコモhome 5G
  • ドリーム・トレイン・インターネットDTI WiMAX
  • リンクライフBroad WiMAX
  • MEモバイルカシモWiMAX
  • UQコミュニケーションズUQ WiMAX
  • 楽天モバイルRakuten Turbo

5. 検証のポイント

  • 料金の安さ: 3年利用時・2年利用時・1年利用時の料金を比較しましょう。長期間の契約が安くなる場合もあるため、計画的に選ぶことが重要です。
  • 通信速度: 1台接続時・3台接続時の速度を比較しましょう。家族全員が同時にインターネットを使う場合、速度が低下しないか確認することが大切です。

もし家でつながらなかったらどうしたらいいの?

1. 対処法とサポート窓口の紹介

ホームルーターがうまく接続できない場合、まずはトラブルシューティングを試みましょう。具体的な手順や各プロバイダのサポート窓口の連絡先を紹介します。


ホームルーター(置くだけWiFi)のよくある質問・Q&A

1. 光回線やポケット型WiFiとの違い

2. 一人暮らし向けの最適な選択肢

3. 申し込んでからの到着日数と設置方法

4. 引越し先での使用可否


おすすめのホームルーター(置くだけWiFi)ランキングTOP5

  1. ドコモhome 5G
  2. ソフトバンクSoftBank Air
  3. ビッグローブBIGLOBE WiMAX
  4. GMOインターネットGMOとくとくBB
  5. 楽天モバイルRakuten Turbo

ホームルーター(置くだけWiFi)のメリットとデメリット

メリット

  • 工事不要で即時利用可能
  • 複数台の接続に対応
  • スマートフォンとのセット割引

デメリット

  • 固定回線に比べて通信速度が劣る
  • 使用場所が制限される
  • 使用場所によっては接続が不安定

ホームルーターでオンラインゲームは快適にできる?

1. 各モデルの通信速度と応答速度の比較


解約方法と注意点

1. ソフトバンクAir、auホームルーターの解約手続きと違約金


まとめ

1. 各ホームルーターの特徴と選び方のポイント

  • 自分の生活スタイルに合ったホームルーターを選びましょう。

2. 最適なホームルーターの選び方まとめ

  • 地域の通信状況を確認する。
  • 最安の料金プランを選ぶ。
  • 短期利用ならなおさらコストを重視する。